電話番号:011-704-4321 受付時間:平日9:00-18:00

ネットワークカメラとIP監視カメラシステムの総合サイト

お問い合わせ

防犯カメラを夜間向けに設置するなら知っておきたいポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎知識 —

こんにちは!
ネットワークカメラとIP監視カメラシステムのシステム・ケイです。

防犯カメラの設置では、夜間の監視機能が重要なポイントの一つ。

夜間をしっかり監視するにはどんな防犯カメラが良いのか。
夜間監視に特化した防犯カメラの特徴とはどんなものか。

防犯カメラの夜間監視機能について解説します!

 

防犯カメラには「微光監視型」と「赤外線暗視型」がある

防犯目的に監視カメラを設置する場合、夜間の監視機能はとっても重要です。
防犯カメラの夜間監視機能は大きく分けて
「微光監視型」と「赤外線暗視型」の2種類があります。
 

わずかな光をもとに撮影する「微光監視型」

微光監視型の防犯カメラは、少しの光を高感度で拾って夜間や暗い場所をカラー撮影することができます。
撮影には豆電球より少し明るい程度の光が必要で、完全な暗闇の中では撮影することができません。
マンションのエントランスなど、夜間でも常に照明があるような場所への設置が向いています。
 

完全な暗闇でも撮影可能な「赤外線暗視型」

赤外線暗視型の防犯カメラは、人の目には見えない赤外線という特殊な光で暗闇を撮影します。
日中は普通に撮影をしていますが、一定以上暗くなるとセンサーでLEDライトが自動的に作動し、赤外線を発光します。

赤外線カメラでは完全な暗闇でも鮮明な映像を撮影することができるため、ライトのない駐車場や資材置き場、明かりの少ない建物の出入り口や玄関先などへの設置が向いています。

 

完全な暗闇も撮影可能な「赤外線カメラ」は夜間監視の強い味方


赤外線カメラは微光監視型カメラのように光源を必要とせず、完全な暗闇の中でもしっかりとした鮮明な映像の撮影が可能なため、
夜間監視用の防犯カメラとして現在の主流となりつつあります。
車のナンバーや不審者の人相までしっかりと確認したいという場合は、赤外線カメラでの暗視がおすすめです。

一般的に赤外線での撮影は白黒になりますが、最近ではカラー撮影が可能なものも出てきています。
このタイプのカメラでは昼間は通常のカラー撮影をし、
一定以上暗くなると自動で赤外線撮影モードになります。
一方、赤外線カメラで注意が必要なのは赤外線の照射距離です。
赤外線の届く距離は屋外カメラでも25~30m、一般的なもので15m程度です。

赤外線が届かない範囲は撮影ができないため、対応範囲は「最大照射距離表示の半分程度」と考えて設置場所をよく考えると良いでしょう。

また赤外線を発光するLEDライトには寿命があり、ライトが切れたら修理・交換をする必要もあります。

さらに、赤外線の光はとても強いため、撮影対象があまり近すぎるとハレーション(被写体の周りが白くぼやけてしまうこと)を起こして逆に見えづらくなってしまう場合があります。

スマートIR機能(自動で赤外線光量を調整する機能)付きのカメラを選べば、被写体の距離に合わせて自動で赤外線を弱め、ハレーションを起こさず鮮明に撮影することができます。

 

夜間設置に有効な機能付きの防犯カメラ

赤外線撮影機能以外にも、夜間の設置に向いている機能付きの防犯カメラをご紹介します。
 

防犯灯(LEDランプ)付きカメラ

防犯カメラ自体にLEDランプが付いて周りを照らし、街灯の役割も持つカメラです。
夜間に出入り口などを照らしておくことで、不審者の侵入を防ぎます。

監視カメラ、街灯、不審者への威嚇(防犯)と3つの機能を併せ持ちます。
夜間常時点灯しているため撮影時の光源確保にもなり、鮮明な映像を録画することができます。
店舗や住宅の出入り口、街灯の少ない夜道などへの設置が有効です。

人感センサー付きカメラ

人が近づくとセンサーライトが光る人感センサーライトも高い防犯効果が期待できます。

人感センサー付きカメラは、住宅の玄関や駐車場などへの設置が向いています。
人が近づくと自動で点灯するセンサーライトは不審者を威嚇する防犯対策と同時に、住人にとっては便利で安心感を与えてくれるカメラです。

 

記録をしっかり残したいときのヒント

暗闇でもしっかりと記録したい場合は、高性能な赤外線暗視カメラや録画機器が必要になります。防犯カメラを目立たないように設置したい場合は、ワイヤレスカメラを使用する必要があります。

ただし、設置場所が狭い場所にあるなど、工事の内容によっては設置費用が高くなる可能性もあります。

 

カメラで犯罪抑止も目的にしたいときのヒント

夜間の不審者徘徊・盗難などの犯罪防止が目的であれば、防犯カメラが目立っていることが重要となります。
この場合は高度な暗視や録画性能よりも、人感センサーや防犯灯付きのカメラが向いており、録画機器はあまり高性能なものでなくても良い場合があります。
かと言ってあまり安価なものですと、屋外設置にカメラ本体が耐えられない場合もあります。

まずは設置の目的・用途をはっきりさせた上で必要な機材を絞り込み、価格を検討すると良いでしょう。

まとめ

  • 夜間監視向けの防犯カメラにはわずかな光を高感度で拾って撮影する「微光監視型カメラ」と、完全な暗闇の中でも撮影できる「赤外線暗視カメラ」の2種類がある。
  • 赤外線暗視カメラは周囲が一定以上暗くなると赤外線を照射して撮影し、暗闇の中でも鮮明な撮影が可能。従来は白黒撮影が主だったが、最近はカラー撮影が可能なカメラも出てきている。
  • その他夜間設置に有効な防犯カメラは、防犯灯付きカメラや人感センサー付きカメラなど。防犯カメラが目立つことで防犯効果も高い。

メルマガ登録はこちら

月に1度ほどお得な情報、お役立ち情報をお届けします。ぜひご登録ください!(過去のメルマガを見る)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

個人情報の取扱いについて