AXIS TD8901 SFP+ モジュール LC.LR.X

最大10 kmの通信範囲に対応するシングルモードファイバーモジュール

エントリーモデル

※2024年02月15日時点の情報です。
仕様などの情報は、予告なく変更される場合があります。

AXIS TD8901 SFP+ モジュール LC.LR.X
AXIS TD8901 SFP+ モジュール LC.LR.X

概要

  • 最大範囲10 km
  • シングルモードファイバー
  • 業務用グレード – 広範囲の動作温度
  • SFP+ MSAに準拠

特長

AXIS TD8901 SFP+ Module LC.LR.Xは、スイッチやルーターなどのネットワークデバイスに光ファイバーネットワーク接続を提供する、強化型のSmall Form Factor Pluggable (SFP+) トランシーバーです。 業務用グレードで幅広い温度範囲 (-40 °C から 65°C) に対応し、ネットワーク冗長性を実現する信号損失機能を搭載しています。

仕様

SFP+ Multisource Agreement (MSA) に準拠し、ホスト機器のオンラインでの動作を中断することなく、いつでも簡単に準拠ポートにインストールできます。 長波長 (1,310 nm) DFB半導体レーザーを内蔵し、9/125 μmのシングルモード光ファイバーで最長10 kmのデータ通信が可能です。 このモジュールはAxis製品を使用した試験により検証済みです。 本モジュールは、AXIS D8208-R Industrial PoE++ SwitchをはじめとするAxis製品を使用した試験により検証済みです。

ネットワーク冗長性のためのリンクロス機能

信号損失 (LOS) 機能により、システムは特定のハードウェア (たとえば、AXIS Network Camera) とホストとの間で発生した接続の切断を認識することができます。 ネットワーク冗長性の最適化のため、AXIS TD8901は接続が切断された場合、またはネットワークトラフィックが接続を使用できなくなった場合にハードウェアに信号を送ります。 これにより、ハードウェアは代替接続、たとえばRJ45経由でネットワークトラフィックをリダイレクトできます。

対応製品

AXIS(アクシス)お問い合わせ

お問い合わせ