AXIS C1004-E ネットワークキャビネットスピーカー WHITE/BLACK

1台で全てがそろうオーディオシステム

  • PoE
  • SDカード
  • マイク内蔵
  • 屋外対応(軒下)
  • 音声
ミドルモデル
AXIS C1004-E ネットワークキャビネットスピーカー WHITE/BLACK
AXIS C1004-E ネットワークキャビネットスピーカー WHITE/BLACK
AXIS C1004-E ネットワークキャビネットスピーカー WHITE/BLACK

概要

  • オールインワン型スピーカーシステム(スピーカー、アンプ、デジタルシグナルプロセッサー、イコライザー、マイク、PoE)
  • 接続はLANケーブル1本(PoE)のみ
  • 複数スピーカーと同期(最大50台)
  • Axisネットワークカメラなど、他デバイスとの連動
  • SIP(VoIP)対応
  • 容易な音楽ストリーミング
  • 指定した時間に音楽やアナウンスを流すスケジュール放送およびカスタマイズされたプレイリストの再生

▼【カメラブログ】カメラだけじゃない!!AXISのスピーカーとドアステーション(2018/8/21)

動画


特長

AXIS C1004-Eネットワークキャビネットスピーカーは、スマートで簡素化された音声を実現し、さまざまな新しい可能性を広げます。 このスピーカーシステムは、バックグラウンドミュージックやライブまたはスケジュールによるアナウンスを小売店で再生するのに最適です。 AXIS C1004-Eはブラックまたはホワイトを選択可能で、縦方向または横方向に取り付けることができます。 防滴構造なので、雨が直接当たらない軒下に取り付け可能です。

簡素化された音声

AXIS C1004-Eは、高品質音声システム一式がひとつのユニットに統合されています。 アンプ、ミキサー、デジタルシグナルプロセッサー、ストリーミング機能、マイク、電源はすべて内蔵されているので、別途用意する必要はありません。 このシステムはあらかじめ設定されているため、設定のために音声の専門知識は必要ありません。 つまり、AXIS C1004-Eは動作が簡素化されている上に優れた音声を提供し、箱から取り出したらすぐに使えます。 さらに、オートスピーカーテスト機能が内蔵されているので、システムが動作し続けることを確信できます。 AXIS C1004-Eは、既存のIPネットワークに接続可能で、単一のPower over Ethernetケーブルから電源を供給できます。

スマートな音声

AXIS C1004-Eはネットワークソリューションなので、スピーカーの追加や削除がすぐに簡単に行うことができる柔軟で拡張性の高いシステムとの組み合わせが可能です。 同時に多数のスピーカーに対して対応する範囲を作成することにより、異なるバックグラウンドミュージックやライブまたはスケジュールによるアナウンスを指示し、各ユニットに対して個別またはすべて同時に音量を管理し変更するなどの操作が可能です。 そのようにすることで、最高の音楽と最も効率的なメッセージを適切な場所で適切な時間にお客様に届けることができます。

AXIS C1004-Eは、音楽ストリーミングなどのオンボードアプリケーションを実行できます。 また、スピーカーシステムで直接SDカードに保存できるローカルプレイリストを作成してスケジュールすることもできます。

お客様に開店時間を知らせたり、最新のキャンペーン情報を提供するアナウンスをスケジュールすることができます。 たとえば誰かが出口を逆方向に通過した場合など、監視カメラでキャプチャーしたイベントによってアナウンスをトリガーできます。 AXIS C1004-Eでは、レジで助けが必要な場合など、ライブの音声アナウンスも簡単に作成できます。

オープンな音声

当社のAXIS Audio PlayerアプリケーションがAXIS C1004-Eにあらかじめインストールされています。 このアプリケーションには、音声ソースのストリーミングのためのサポートと、音楽およびアナウンスのプレイリストをスケジュールするのに必要なものがすべて揃っています。 また、すべてのAxis製品と同様に、AXIS C1004-EもAxisオープンプラットフォーム (VAPIXおよびAXIS Camera Application Platform (ACAP)) に基づいています。 したがって、当社のパートナーによって開発される新しいアプリケーションに常時アクセスできます。

AXIS C1004-Eのインストールチュートリアルをご覧ください

このチュートリアルでは、スタンドアローンのオーディオシステムにAXIS C1004-E Network Cabinet Speakerを組み込む方法を説明します。

AXIS(アクシス)お問い合わせ

お問い合わせ