電話番号:011-704-4321 受付時間:平日9:00-18:00

ネットワークカメラとIP監視カメラシステムの総合サイト

お問い合わせ
インターネットカメラシステム
インターネットカメラシステム セールスポイント

DVRとの比較

  1. インターネットカメラシステムとDVRの比較①

    • 項目/対象 インターネットカメラシステム DVRベースの監視システム
      適用カメラ ・CCDカメラ
      ・ネットワークカメラ
      ・CCDカメラ
      総合管理 ・マルチベンダ対応(WEBでの一括管理が可能) ・シングルベンダ(各社独自のため既存がマルチベンダの場合は統合管理が難しい)
      記録媒体 ・ローカルHDD
      ・リモート(ネットワークストレージ)
      ASP提供可能
      ・ローカルHDD
      ・リモートモニター時にPC等に記録可能
      ネットワーク ・WAN:ISDN、ADSL、FTTH、CATV
      ・LAN:10/100/1GbEthernet
      ・カメラ:LAN/BNC
      ・WAN:ISDN、ADSL他
      ・LAN:10/100BaseT
      ・カメラ:BNC
      画像記録 ・ローカル/リモート1~30コマ/秒(任意設定可能) ・ローカル1~30コマ/秒(任意設定可能)
      記録画像
      バックアップ
      ・ローカル/HDDのミラーリング
      ・リモートストレージ(センター集中収容:冗長構成も可能)
      ・ローカル/HDDのミラーリング
      センサー ・各種外部センサー
      ・モーションセンサー(スタンダードモデルAxis2120、Mobotix)
      ・各種外部センサー
      ・モーションセンサー(内蔵)
      動作確認 ・自動(ネット経由)センター~拠点サーバー~ネットワークカメラ ・手動(ネットWAN/LAN経由)
      画像検索 ・日時及び時間帯、カメラNOから検索 ・日時、カメラNOから検索
      備考 ・ネットワークカメラベースでインターネットなどの安価足回りを利用し広域なカ メラネットワークが構築できます。
      ・既存CCTVとの連携が可能で既存設備の廃棄が不要です。

      ・システムのご提供を各種ラインナップから選択可能です。OEM提供の他、カスタマイズにも対応致します。
      ・外部からの閲覧には専用ソフトが必要になります。
      ・内蔵のスケジューラ機能により記録方法が任意に設定できます。
      ・LAN、WANからのモニタリング動作が遅い。
      ・ほとんどのDVRは一箇所からしか見ることができない。
      Q&A Q:100箇所にDVRを設置した時、管理はどうしますか?
      A:インターネットカメラシステムではネットワーク経由で稼動状況をヘルスチェック等で常に確認しています。
       

    インターネットカメラシステムとDVRの比較②

    • インターネットカメラシステム DVR
      ネットワークカメラシステムの構成図 DVRの構成図
      デジタル・ビデオレコーダー(DVR)で決して提供されなかった簡単で拡張性のある機能を提供。 従来型タイムラプスレコーダーの単純デジタル化
      IP アドレスで呼び出せるネットワーク・カメラ/ビデオ・サーバー。 キャプチャーカード・フレーム取込み
      カテゴリー5 ネットワーク・ケーブル、ハブまたはスイッチを利用したフレキシブルな構成 。 同軸ケーブルが必要
      必要に応じてテラバイト・ストレージの使用も可能。 ギガバイト・ストレージ
      ソフトウェア・ライセンスによってカメラ台数の増設が可能。 カメラ台数の増設は、ハードウェア・アップグレードまたは全く新しいシステムが必要。
      クライアント数無制限。 通常ひとつのモニターのみで閲覧
      アナログカメラ、IP カメラ、ビデオサーバーの混合使用が可能。 アナログカメラのみの使用。
      標準ブラウザによるインターネット経由でのリモートアクセス。 遠隔閲覧では画像が劣化。
      システムに接続するカメラ数は無制限。
      単にハブ、スイッチ、インターネット越しに追加カメラを接続するだけでOK 。
      通常16 チャンネルまでに制限。
      カメラごと、日付、モーション、時間、アラームに基づき過去画像の検索が可能。 画像情報の検索が複雑。