AXIS T8120 PoE ミッドスパン 15 W 1ポート

ネットワークデバイスに電源およびデータを供給

エントリーモデル

※2022年11月28日時点の情報です。
仕様などの情報は、予告なく変更される場合があります。

AXIS T8120 PoE ミッドスパン 15 W 1ポート

概要

Power over Ethernet (PoE) は、ネットワーク製品に簡単かつ迅速に電源を供給するためのコストパ フォーマンスに優れたソリューションです ミッドスパンは、PoE機能を内蔵するネットワークデバイ スに電⼒とデータを送ります。 既存のイーサネットスイッチやケーブルインフラストラクチャを交換 する必要はありません。 AXIS T8120ミッドスパン15 W (1ポート) は、PoEベースのネットワークデバイ ス向けのコンパクトで柔軟なソリューションです。 AXIS T8120は最⼤出⼒が15.4 Wで、IEEE 802.3afに 準拠しているため、PoE対応のAxisネットワーク製品のほとんどに対応します。

  • IEEE 802.3af
  • 設置コストを削減
  • プラグアンドプレイ

仕様

モデル T8120ミッドスパン15 W (1ポート)
ミッドスパン 機能 1本のイーサネットケーブルでネットワークビデオ製品にデータと電⼒を供給。PoEに対応していないネットワークビデオ製品の場合はPoEスプリッタを併⽤
データ転送速度 10/100 Mbps
データ/電源 コネクタ シールド付きRJ45、EIA 568A/568B
ネットワークケーブル カテゴリー5以上のシールド付きイーサネットケーブル
配線 モードB: 1/2と3/6のペアでデータ送信、4/5 (+) と7/8 (-) のスペアペアで電⼒供給
電源 48 V DC (最⼤15.4W/ポート)
⼊⼒電⼒ AC⼊⼒電圧: 100〜240 V AC (50/60 Hz)
AC周波数: 47〜63 Hz
AC⼊⼒電流: 0.5 A (最⼤)
設置と管理 プラグアンドプレイインストール – ミッドスパンによるPoE
対応の全デバイスの⾃動検出とインライン電⼒供給
ローカル管理⽤LED表⽰
ポート⾃動認識 標準IEEE 802.3af⾃動認識
プレ標準下位互換性アルゴリズム
一般 インジケーター表⽰ フロントパネルにすべてのポートインターフェースを配置。アクセスとリアルタイムネットワーク監視が容易
システム: AC電⼒、チャンネルインジケーター (電⼒、故障状態表⽰)
詳細については、www.axis.com/techsupを参照
準拠規格 IEEE 802.3標準規格 (インライン電⼒供給を⾏わない場合)とIEEE 802.3af
Media Dependent Interface (MDI) によるDTE電⼒供給
設置⽅法 壁かけまたは平置き
認証・認可 cUL/UL、TUV、CE
FCC Part 15 Class B、EN 55022、
RMC AS/NZS CISPR 22 Class B、KCC KN32 Class A、KN35
動作条件 0 °C〜40 °C
湿度: 10〜90% RH (結露不可)
外形⼨法 33 x 53 x 140 mm
重量 450 g
オプションアクセサリー AXIS T91A03 DINレールクリップA
保証 AXISの3年保証、www.axis.com/warrantyを参照

AXIS(アクシス)お問い合わせ

お問い合わせ