Hanwha Vision SPA-P100W

IPペンダントスピーカー

  • NEW
  • PoE
  • 音声
  • マイク内蔵
ミドルモデル
Hanwha Vision SPA-P100W
Hanwha Vision SPA-P100W
Hanwha Vision SPA-P100W
Hanwha Vision SPA-P100W
Hanwha Vision SPA-P100W

概要

  • 双方向オーディオ
  • スケジューラー機能
  • バックグラウンドミュージック
  • テキスト読み上げ
  • 10Wアンプ、101dB出力
  • 周波数 範囲 130Hz ~ 20kHz
  • 1GBの内部ストレージ、Micro SDスロット(最大32GB)
  • 内蔵リレー
  • SUNAPI、ONVIF、SIP、および P2P-SIP プロトコル
  • PoE、PoE+ 電源サポート
  • 白色

特長

吊り下げ型IPスピーカー : ホワイト

Hanwha Vision SPA-P100B は、パブリック アドレス、セキュリティ、ページングなどの幅広いアプリケーションに最適な、強力で多用途な IP ペンダント スピーカーです。101dB の高い音圧レベル (SPL) を備えており、最も困難な環境でもメッセージがはっきりとはっきりと聞こえることを保証します。

SPA-P100W は、使いやすく管理しやすい幅広い機能も備えています。PoE/PoE+ (Power over Ethernet) をサポートしているため、1 本のケーブルだけで電力と音声の両方を供給できます。スピーカーは、Web インターフェイスを使用して設定および制御することもできます

仕様

製品 タイプ IPペンダントスピーカー
増幅器 説明 10WクラスDを内蔵
通信網 イーサネット 10/100 Base-T
メモリ 内部メモリ 1GB
外部メモリ(マイクロSD) SDHC最大32GB(SANDISK)
接触 接点入力 : ドライコンタクト 1つのチャンネル
接点出力 : ドライ接点(NO) 1つのチャンネル
一般 動作温度 -20 ~ +50℃ (-4°F ~ +122°F)
動作湿度 0~85%RH(結露しないこと)
重さ 2.1kg
サイズ Φ269×256(H)mm
カラー 黒、白
証明書 EMC : FCC パート 15 サブパート B、ICES-003 安全性 : UL 62368-1、CAN/CSA 62368-1
パワー PoE PoE (IEEE 802.3 af タイプ 1 クラス 3)
PoE+ PoE+ (タイプ 2 クラス 4 の IEEE 802.3)
内蔵マイク 入力感度 騒音計
周波数応答 騒音計
オーディオ サポートされているオーディオ形式 64 kbps ~ 320 kbps のモノラル/ステレオの WAV、MP3。16 kHz ~ 48 kHz のサンプリングレート
スピーカー スピーカーコンポーネント 2ウェイ8インチLFドライブと2インチHFドライバー。パッシブタイプ
最大音圧レベル (PoE) 97dB
最大音圧レベル (PoE+) 101dB
周波数範囲 (-10dB) 130Hz~20kHz
感度 (1ワット) 91dB
カバレッジパターン (H×V) : 130°(1kHz) / 60°(4kHz)
ネットワークプロトコル 安全 パスワード保護 : admin,setup,user,guest (sha-2、ダイジェスト認証、ユーザーアクセスログ) ダイジェスト認証、ユーザーアクセスログ
サポートされているプロトコル IPv4、HTTP、SIP、mDNS、DNS、NTP、TCP、UDP、DHCP、ARP、ICMP
システム統合 API(アプリケーションプログラミングインターフェース) SUNAPI
マルチソースダイナミックPAコントロール 最大 48 のマルチソース (マルチキャスト) (オーディオ 24CH + マイク 24CH) 最大 256 のゾーン制御 (マルチキャスト) 最大 20 のゾーン制御 (ユニキャスト) 最大 255 グループ
VoIP Grandstream、Yealink、Cisco、MicroSIP ソフトフォン、および Asterisk などの PBX サプライヤーでテスト済み Grandstream などの SIP クライアントと Grandstream などの PBX サプライヤーでテスト済み サポートされている SIP 機能: DTMF (RFC2833) サポートされているコーデック: PCMU、PCMA、speex/ 8000、スペック/16000
TTS 英語(米国、英国)、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語
オーディオモニタリング グラフィックレベルメーターによるスピーカーテスト(内蔵テストツール)
イベントとプリセット バーチャルコンタクト、ドライコンタクト
機能監視 接続検証、内蔵システムログ