クラウド型車両ナンバー認識システム

クラウド型
車両ナンバー認識システムとは

現地にはカメラのみで、サーバーなどが不要な車両ナンバー認識システムです。
カメラ内部とクラウドそれぞれにAI機能を搭載し、 「エッジコンピューティング」と「クラウド」を組み合わせることで、カメラとクラウド間の通信データ量を大幅に削減します。

クラウド型
車両ナンバー認識システムの特長

現地にはカメラのみ
→ 購入する機器はカメラのみ(*1)。初期費用を大幅に削減します。
→ナンバー認識やデータの蓄積はクラウドサーバーにて行います。お客様がサーバー管理を行う必要がありません。
通信料の削減
→カメラで車両検知し、ナンバープレート画像を切り出します。
クラウドサーバーへは、ナンバープレート画像のみを送信するため、データ通信量を少なくすることが出来ます。
走行車両のナンバーを認識
→走行している車両を瞬時に捉え、ナンバーを認識します。ナンバー認識のために車両を停車させる必要がありません。

*1:PoEハブやインターネットに接続するためのルータ等は必要です。

システム構成

クラウド型車両ナンバー認識システムシステム構成01

   

システム画面

クラウド型車両ナンバー認識システム画面

オンプレ型、クラウド型 比較

オンプレ型 クラウド型
初期費用 ×

管理サーバーおよび 車両ナンバー認識システムソフトウェアライセンスの購入が必要。
高価になる。

カメラ購入費用のみ

月額費用

月額使用料は0円

×

月額使用料が発生する。

設置 ×

カメラ、管理サーバーの設置が必要

設置はカメラのみ

管理 ×

管理サーバーの管理
(メンテナンスやアップデートが必要)

管理サーバの管理不要。
アップデートを行う必要がない。

クラウド型
車両ナンバー認識システム
のお問い合わせ

お問い合わせ