既存インフラ(同軸ケーブル)を利用したネットワークカメラ環境構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

導入事例 —

現在ではネットワークカメラシステムへの移行が進むものの、市場では依然としてアナログカメラが多数を占めるのが現状です。
フルデジタルシステムを視野に入れてもコスト的に困難で、既存のアナログ環境を活かしたいといったユーザは多いかと思います。

そこで、既存の同軸ケーブルを利用してネットワークカメラ環境を構築する一例をご紹介します。

 

1.「同軸-LANコンバータ」を利用する

Panasonic社から発売している「同軸-LANコンバータ」をカメラ側とセンター側に設置してIPネットワーク化を実現する方法です。

・既存同軸配線を使って、IPネットワーク化に対応
・最大500mまでのPoE給電が可能
・高速で安定した通信を実現

 

2.「ハイブリッド・カメラ」を利用する

Sony社から発売予定の「ハイブリッド・カメラ」を利用して実現する方法です。
カメラ/レコーダー個々にIntersil社のSLOCコンバータを内蔵する形となり、1本の同軸ケーブルでアナログSD/デジタルHDを伝送可能で、CCTV/IPNetworkの混在が可能となります。

https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201104/11-042/

・既存同軸配線を使って、IPネットワーク化に対応
・伝送距離は約200m
・他社がSLOCを採用すれば相互互換となる
※発売日は未定です

ハイブリッド・カメラはまだこれからの製品ですが、「同軸-LANコンバータ」なら既存インフラを利用してすぐにでもデジタル化が可能ですね!
その際は弊社ネットワークビデオレコーダーをご利用いただければ幸いです。

ネットワークビデオレコーダー
https://nvr.bz/

最新IPカメラ
https://systemk-camera.jp/

▼関連するリンク▼
■モバイル回線を使用したネットワークカメラの利用