北海道の湿原へのネットワークカメラ導入事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

導入事例 —

先日、北海道のとある湿原にネットワークカメラを導入していただきました。
 
北海道の中でも特に厳しい環境への設置でしたが、AXIS Q6032-E は極寒温度管理機能を備えているため
冷地用温度コントロールにより -40℃ でも動作します!
また、カメラの操作は AXIS 295 ジョイスティックを使用するので、誰でも簡単に湿原の様子を見ることができます。
(運がよければ野鳥や動植物などの映像をリアルタイムで観察できます!)
お客様にはカメラの高機能もさることながら、設置のしやすさ(PoE対応なのでネットワークケーブル1本でOK)もあり
大変満足していただきました。
最近はネットワークカメラがどんどん普及していっています。
あなたの周りでもネットワークカメラが身近に使われているかもしれませんね。

 

【カメラ情報】AXIS Q6032-E PTZドームネットワークカメラ

  • 屋外対応(カメラ、ハウジング一体型)
  • 極寒温度管理機能(動作温度は -40℃ から 50℃ まで)
  • High Power over Ethernet
  • 水平軸上20度までのチルト
  • 光学35倍、デジタル12倍ズーム
  • マルチ H.264 ストリーム
  • オートトラッキング機能(自動追尾)
  • ローカル・ストレージ用の SD/SDHCメモリーカードスロット内蔵