監視カメラには星形ネジが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎知識 —

ネジの形といえばプラスとマイナスが有名ですが、ネットワークカメラには6つの角がある星形のネジがよく使われます。プラスやマイナスネジよりもカムアウト現象(ドライバーの刃先がねじ頭から外れてしまう現象)が起こりにくく、特にヨーロッパで普及しています。(アップルPCやBMWバイクでも採用)実際にネジの写真を見てみましょう。

VIVOTEK FD8366-V

VIVOTEK FD8366-V

 

AXIS Q8685-LE

Q8685-LEにはFD8366-Vよりも大きなネジが使われています。
この星形ネジを回すためには、カメラ付属の工具や、市販の星形ドライバーなどを使用します。

AXIS Q8685-LE

 

カメラ付属のL型レンチ

この工具はAXISカメラの付属品です。短い方をネジにはめて、長い方を手に持って回します。

カメラ付属のL型レンチ

 

市販の工具(ホームセンターなどで手に入ります。)

並べてみると、穴の有無やサイズの違いがよく分かりますね。
カメラによって使われているネジが異なりますので、適切な工具を使ってネジ回ししましょう!

市販の工具(ホームセンターなどで手に入ります。)