監視カメラシステムにAI機能を追加できます。「AI画像認識構築サービス」

  •                            
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

監視カメラシステム —

AIによる画像認識の活用により、人の目で確認している日々の業務も、システムに任せられるかもしれません。カメラで撮影した動画をAIが学習する事で、人間と同じ様にその画像の意味を解釈できる様になる事を、実際の事例を用いてご紹介します。

駐車場の車両検出


駐車場での車両台数把握、混雑状況のお知らせなどを、AIに任せることができます。AIは、車両の画像を学習します。学習済みのAIは、駐車場の映像から車両を検出します。動画の例では、既に駐車されている車両の台数、撮影時に侵入した車両をそれぞれ認識しています。
SK VMS映像管理システムと連携する事で、駐車場の空き状況を電光掲示板に表示したり、アプリに通知するなどのアクションと連動する事が可能です。他にも、駐車時間や台数、車種(小型車・大型車)をログに残しデジタル化する事で、マーケティング情報として活用することも可能です。

レーンにおける商品検出


工場内での人手不足の解消や、省人化を進めるためにAIを活用する事ができます。
AIは、商品の画像を学習します。学習済みのAIは、工場などで使用するレーン上から、商品を認識します。商品数のカウントはもちろん、異物混入の検知等のフードディフェンス・HACCP対応、良品・不良品の判定なども人間と同じ様に解釈する事が可能となります。
また、SK VMS映像管理システムと連携する事で、カメラが撮影した動画をAIと即時に連動し、パトライトの点灯などのI/O制御、別システムとの情報連携、検知実績の記録などが可能となります。

速度メーターの読み取り


メーターの数値を記録する検針作業や、運転手の運転速度監視などをAIに任せる事ができます。
AIは、メーター指針の画像を学習します。学習済みのAIは、車などのメーターから、指針が示す角度を元に、指し示す数値を解釈する事ができます。
SK VMS映像管理システムと連携する事で、一定の値を超えた場合にメールを出す、パトライトを点灯する、警報を鳴らすなどのアクションと連動する事が可能です。

波形の読み取り


工場や施設内での、騒音や異音の発生検知をAIに任せる事ができます。
AIは、波形の画像を学習します。学習済みのAIは、読み取った波形データがどの域を示しているかを解釈します。動画の例では、音の波形を認識しています。予め基準となるラインを設定する事で、発生している音が静かなのか、正常なのか、非常に大きい音なのかを、波形の画像だけで判断する事が可能です。
SK VMS映像管理システムと連携する事で、検知後にアラートを出す、警報を鳴らすなどのアクションと連動する事が可能です。

AI画像認識 構築サービス
https://systemk-camera.jp/systems/lineup/aiimage-recognition/