サーマルカメラで異常体温を検知してメール通知する方法

  •                            
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち —

HIKVISIONサーマルカメラ(DS-2TD1217B-3/PA DS-2TD1217B-6/PA)とSK VMSのイベント連携について紹介します。

37.5℃などの指定温度を超えたときに、カメラからイベント通知を受け取り、デスクトップ通知やブックマーク、メール通知などのアクションを起こすことが可能です。またカメラ映像を録画しながら、体温が高い人を検知したらブックマークをつけ、素早い録画検索をするなど、様々な運用方法があります。

    1. カメラ設定ページで 環境設定>温度検査>基本設定>リンケージメゾット に移動。
      「カメラ01」の「アラームスケジュール」を設定。
      「カメラ01」の「アラームスケジュール」を設定。

 

    1. 「リンケージメゾット」に移動し、「監視センターに通知する」にチェックをつけ、「保存」をクリック。通知方法「監視センターに通知する」を保存。

 

    1. SK VMSに移動し、カメラ名を右クリックし「カメラルール」を開く。「追加」をクリックし、新規イベントを作成。
      VMSの新規イベントを作成。

 

    1. 何時で「分析イベント」を選択し、デバイスでHIKVISIONサーマルカメラを選択。
      何時で「分析イベント」HIKVISIONサーマルカメラを選択。

 

    1. イベントタイプで「Thermal alarm」を選択。
      イベントタイプで「Thermal alarm」を選択。

 

    1. 異常温度検知時のアクションを設定し、「OK」をクリック。
      異常温度検知時のアクションを設定。

 

  1. (参考例)異常温度検知時にデスクトップ通知を表示。
    異常温度検知時にデスクトップ通知を表示。

 

■HIKVISIONサーマルカメラ DS-2TD1217B-3/PA DS-2TD1217B-6/PA
https://systemk-camera.jp/camera/lineup/hikvision/ds-2td1217b-3-pa/
■SK VMS(映像管理システム)
https://sk-vms.systemk.co.jp/