スペック表からは読み取れないネットワークカメラの性能:アスペクト比

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎知識 —

スペック表からは読み取れないネットワークカメラの性能として、アスペクト比についてお話しします。

スペック表からは読み取れないネットワークカメラの性能:アスペクト比

アスペクト比とは

アスペクト比とは、矩形の長辺と短辺の比率のことです。ネットワークカメラでは4:3または16:9が一般的です。

解像度とアスペクト比

ネットワークカメラの対応解像度をアスペクト比別に分けてみました。

4:3 16:9
1280×960
1024×768
800×600
640×480
320×240
1920×1080
1280×720
960×540
640×360
480×270
320×180

※最大解像度が1920×1080のネットワークカメラの対応解像度例

マルチストリーム

ネットワークカメラは、解像度やフレームレートが異なる映像を同時に配信(ストリーム)できます。
一般的に2ストリームまたは3ストリームに対応しています。

複数解像度のマルチストリーム

ここからが本題です。
ネットワークカメラが2ストリームに対応していた場合、1920×1080(16:9)と1280×720(16:9)は同時配信が可能です。同様に、1280×960(4:3)と1024×768(4:3)も同時配信可能です。しかし、1920×1080(16:9)と1280×960(4:3)を同時配信可能なネットワークカメラは少数派で、弊社HP掲載ネットワークカメラの中ではこのメーカーが対応しています。

まとめ

アスペクト比4:3のストリームと16:9のストリームを同時配信可能なネットワークカメラは少数派です。