電話番号:011-704-4321 受付時間:平日9:00-18:00

ネットワークカメラとIP監視カメラシステムの総合サイト

お問い合わせ

監視カメラとプライバシーについて考えた-マルちゃんの言いたい放題!-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他 —

さあ、はじまりました。新コーナーの「マルちゃんの言いたい放題!」。

===============================================
この企画は、防犯・監視カメラにまつわるニュースを見て、
マルちゃんが感じたことを、独自の視線で勝手に言いたい放題する企画です。
あくまでも個人の考えなので誹謗や中傷は受け付けません。
===============================================

 

電車内に防犯カメラはプライバシー侵害?

先日、電車内の防犯カメラ設置の是非を問うニュースがありました。

「電車内の防犯カメラ設置に5割以上が賛成 若い世代ではなぜか望まない声も…」

アンケートの結果、痴漢被害に会いやすい女性の賛成が多く、年代別では若者より50歳代の女性が多かったようです。なぜ若者より50歳代って思いましたが、記事の内容は、痴漢の被害の場合は、現行犯でなければ逮捕まで至らず、また目撃者も必要な為、防犯カメラの設置が直接犯罪防止に繋がらないとの事を言ってます。確かに若者らしい割り切った回答と思いました。他の意見としてプライバシーについての意見も多くあったようです。

そう言われてみれば、電車内に防犯カメラ設置って話は今まで聞いたこと無かったですね?電車内は閉鎖されていて、滞在時間の長さ、顔の特定が可能などプライバシーの侵害にかなりあたる部分が多いからなのでしょうか?

 

連絡網は個人情報に関わる

昔に比べて、プライバシー保護という法律の下で、個人情報を保護する動きも活発になってます。
例えば、小学校のPTAで言うと、マルちゃんの時代は学校行事を父兄に連絡する連絡網がありました。伝言ゲームのように次から次へ、父兄へ電話連絡するものでした。今では、プライバシー保護、個人情報保護の観点から電話番号を入れることが出来ないので、無くなりつつあるとか。

会社なんかでも、個人携帯番号や自宅電話番号を公開しない為、昨年北海道で起こった胆振東部地震の際に、会社メンバーへ安否確認の連絡が出来ないなどの弊害が発生して、全員の安否確認で丸1日かかりました。
マルちゃんの会社は監視カメラやNVRというレコーダーを扱っているので、カメラを設置した場所には、「監視カメラ作動中」などのステッカーを張ることが必要になってます。
これもプライバシー保護や個人情報保護の為です。
監視カメラについては、どこに行こうが必ず何らかの場所にカメラは設置されていて、誰かに見られています。

街中の建物の壁や電信柱やポール、駅や地下鉄構内、ビルや会社や様々な施設内のあらゆる場所、マンションのロビーや個人宅の玄関など果ては、車内のドライブレコーダーなど、数え上げるだけで切りがないほど設置されています。

このようにカメラが溢れかえっている環境も、プライバシー保護の制度制定につながったのでしょうか?行政が行う個人情報保護の対象範囲ですが、年々守備範囲が広くなり、なんか人間関係の親和性にまで踏み込んできそうな感じがしてなりません。

 

SNSのプライバシー、どこまで公開する?

一方、SNSで自分の私生活を公開するのが普通になってしまったこの時代、そんなに「プライバシー」を公開して良いのってマルちゃんは大いに感じてます。
毎日のようにSNSに個人のプライバシーである出来事を掲載する人の多い事。
美味しいもの食べました、旅行に行きました、好きなもの買いましたetc、わざわざ写真まで載せて。傍から見ればどうでもいい事をって思いますけど…。

人気のSNSになれば、広告収入が入り知名度が上がり広告塔にも使って頂けるって考えで、頑張っている方も多くいるのでしょうか?こどもたちの将来の職業に「YouTuber」なんて職業が登場したのも頷けます。マルちゃんからすれば、他人の生活の一部を覗き見する事のなにが楽しいかと思いますが、ふとカミさんを見れば、いつも芸能人のSNSを見てはマルちゃんに報告してます。

芸能人ならまだしも、数えきれないほど一般の方も公開する時代になってます。なぜ、プライバシーを公開する方が増え続けているのかを考えたとき、芸能人のように広告から利益を求める方を除いた場合、自己顕示力の強い方が行っているまたは人間関係の希薄性によるものなのか?って柄にもなく考えてます。

自己顕示力の強い方は、色々な人に認めてもらいたい、自分の事を判ってもらいたいって感情を素直に表現したい対象が「SNS」って思います。
人間関係の希薄性によるとは、言い換えれば、孤独な方が増えている…って事かも知れません。孤独だからこそ、自分の存在感を示したい。世間と関わっていきたいと思う気持ちの表れが「SNS」とも思います。
じゃあ、この希薄性を生み出したものって何かって考えたとき、紛れもなく便利に利用している「SNS」だと思うんですけどみなさんどう思います?
原因、結果が同じって変な感じですよね。

このように最近の「プライバシー保護」とSNSの「プライバシーの公開」について「言いたい放題」しましたが、この世界はどっちの方向へ向かっているのかなって考える今日この頃です。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

メルマガ登録はこちら

月に1度ほどお得な情報、お役立ち情報をお届けします。ぜひご登録ください!(過去のメルマガを見る)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

個人情報の取扱いについて