電話番号:011-704-4321 受付時間:平日9:00-18:00

ネットワークカメラとIP監視カメラシステムの総合サイト

お問い合わせ

IRカットフィルターとは?監視カメラにおける役割や機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎知識 —

こんにちは!
ネットワークカメラとIP監視カメラシステムのシステム・ケイです。

デジタルカメラや防犯監視カメラなどデジタル撮影機器ではほぼ搭載されていると言える「IRカットフィルター」という機能をご存知でしょうか。

今回はこのIRカットフィルターについてのお話。
IRカットフィルターの機能や防犯監視カメラでの役割についてご説明します。

電柱についた監視カメラ

 

IRカットフィルター(赤外線カットフィルター)とは

IRカットフィルターは赤外線カットフィルターとも言い、レンズに取り付けられた光学ガラスで赤外線をカットする機能です。

太陽光や照明は様々な波長(色)の光を発していますが、人間は可視光といって目で見える光の波長の範囲が限られています。
しかし、デジタル撮影機器では人間の可視光を超える範囲の光の情報も電気信号としてイメージセンサーへ伝えてしまいます。

太陽光や白熱電球の光に含まれる「赤外線」は、人間の目には見えないけれどもデジタルカメラでは写ってしまう波長(色)の光です。
この赤外線をカットせずに映像を出力した場合、人間が見えている色と違う色になってしまいます。

デジタル撮影機器での撮影で人間が見ている色と同じような色で撮影するためには、IRカットフィルターを用いて赤外線をカットし、可視光のみをイメージセンサーへ透過させる必要があるのです。

IRカットフィルターはデジタル撮影機器のほとんどに搭載され、特に赤外線照射機能付きの防犯監視カメラには必ずついている機能です。

 

監視カメラでは昼夜撮影の切り替えに役立つ

IRカットフィルター(赤外線カットフィルター)は防犯監視カメラの運用においては、昼夜撮影の切り替えに役立ちます。

防犯カメラの夜間監視機能については、大きく分けると2種類です。

  • 微光監視型……わずかな光を元に撮影する高感度カメラ。暗くなると自動的に微光監視型に切り替える機能をデイナイト機能とも言います。
  • 赤外線暗視型……赤外線LEDライトで赤外線を照射して撮影する。こちらも暗くなると自動的に赤外線を照射するタイプのカメラが一般的です。

 
※防犯カメラの夜間監視機能についてはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。
防犯カメラを夜間向けに設置するなら知っておきたいポイント

微光監視(デイナイト機能)型のカメラでは、昼間はIRカットフィルターが機能し、太陽光や白熱光に含まれる赤外線をカットして人間の目と同じように見えるカラー映像を撮影します。
太陽光がなくなる夜になるとIRカットフィルターが外れ、感度の高い白黒映像を撮影することができます。

赤外線暗視型カメラは、夜間撮影時に対象物に赤外線を照射することによって真っ暗な中での撮影が可能となります。映像は白黒映像となります。
近年ではカラー撮影が可能な赤外線カメラも出てきています。

IRカットフィルターは昼・夜両方とも鮮明な撮影をするために必要な機能でもあるのです。

 

IRカットフィルターに不具合が起こると…?

人間の目には見えない波長の光である赤外線は、赤い色をしています。
IRカットフィルターに不具合が起こり紫外線の波長をカットできずに撮影した場合、出力された映像や写真はピンクや紫など全体的に赤みがかかったカラーになってしまい、人間が見ている色とは異なってしまいます。

このように防犯監視カメラのIRカットフィルターが故障してしまった場合は、メーカーにこの部分だけ交換することが可能か確認してみては如何でしょうか?

ただし、耐用年数の過ぎた防犯カメラや海外メーカーの防犯カメラなど、商品によっては交換修理ができないカメラもあるので注意しましょう。

まとめ

  • IRカットフィルター(赤外線カットフィルター)とは、レンズに取り付けられた光学ガラスで人間の目には見えない波長の光「赤外線」をカットする役割を持ちます。デジタル撮影機器のレンズは人間に見えない波長の光の情報もイメージセンサーに伝えてしまうので、赤外線をカットせずに撮影をすると人間の目で見ているのとは異なった色の映像になってしまうためです。
  • 防犯監視カメラではIRカットフィルターは昼夜撮影の切り替えに役立ちます。デイナイト機能付きのカメラでは昼間はフィルターを機能させて太陽光の赤外線をカットし、太陽が沈んだ後はフィルターを外すことで鮮明な白黒映像を撮影します。赤外線照射カメラの場合も夜間に赤外線を照射しながら撮影するために必要です。
  • IRカットフィルターが故障して正しく機能しないと赤外線をカットすることができず、映像や写真のカラーバランスが崩れて人間の目で見ている色とは異なって出力されてしまいます。

 
▼関連するリンク▼
■赤外線照明付き監視カメラは便利!?機能やメリットについて
■防犯カメラを夜間向けに設置するなら知っておきたいポイント

メルマガ登録はこちら

月に1度ほどお得な情報、お役立ち情報をお届けします。ぜひご登録ください!(過去のメルマガを見る)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

個人情報の取扱いについて