MS Azure「Video Indexer」の動画分析サービス-色々な分野で活用できそうです-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他 —

Microsoft Azure Cognitive Services
「Video Indexer」とは

Video IndexerとはBuild 2017で発表された、
新しいMicrosoft Azure Cognitive Servicesです。

Cognitive(コグニティブ)とは
AI技術をつかってモノ・コトを認識させる技術です。

 
Video Indexerは、動画をアップロードすると、
話している人の判別や内容のテキスト化、キーワードの抽出などを自動で分析するサービス
です。

https://vi.microsoft.com/

 

主な機能概要

動画をアップロードすると、以下の主な分析をします。

・音声翻訳。現状8言語にサポート。
(日本語、ロシア語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、中国語(簡体字)、ポルトガル語)
 
・顔認識。MSで登録してる有名人DBと照合。ヒットしない場合、顔自体は認識されているのでラベルを付けることができます。
 
・誰が話しているかを認識します。
 
・動画に翻訳などのテキストを表示します。
 
・バックグラウンドのノイズと音声を分離します。
 
・シーンがいつ変更されるかを判断するための視覚的な分析をします。
 
・自動的にキーフレームを検出します。
 
・音声と画像認識から感情分析をします

など

API が用意されてますので、プログラムからも利用できます。
https://videobreakdown.portal.azure-api.net/docs/services/

当社の車両ナンバー認識顔認識もよろしくお願いします。
特長としては、動画を綺麗なまま高圧縮して各種認識をします。
小さな回線帯域での長期間録画が可能となります。

 

システム・ケイ 監視カメラ認識システム

車両ナンバー認識システム
https://systemk-camera.jp/systems/lineup/license-plate/

顔認識マーケティングシステム
https://systemk-camera.jp/systems/lineup/facial-marketing/