世界一の認識率&WebAPI連携可能
顔認識システム「SenseNebula」のご紹介

  •                            
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

監視カメラシステム —

SenseNebulaは、IPカメラと組み合わせて顔認識を行うことができる映像解析エッジデバイスです。スタンドアロンで稼働し、IPカメラと接続するだけで顔解析を簡単且つ安価に実現します。RTSP経由での接続をサポートしており、新規・既設問わずIPカメラシステムとの連動が可能です。

精度については、顔認証業界で最も権威のある米国国立標準技術研究所(NIST)が実施した最新の顔認証ベンチマークテスト(FRVT2020)において、8つの評価項目の内5つの主要分野でNo.1となっています。

中でも、本人と本人写真の類似度を比較し、同一人物であるかを判定する「1:1認証」で最も低いエラー率を達成しているなど、実用性の高いものとなっています。WebAPI経由でのシステム連携が可能であり、既存のアプリとも顔解析結果を連動できます。

世界一の認識率

以下の例では、実際に弊社メンバーがSenseNebulaを用いて顔認証をした結果です。登録画像と、認証に使用した画像、その結果が以下となります。顔画像1枚かつマスク、メガネをしていても高精度の顔認証ができました。

また、弊社製映像管理システムであるSKVMSとの連動も可能です。映像の中で登録した人物を検知した際に、イベントを生成させる事が可能です。

活用シーン(実際の事例含む)

入退室のアクセスコントロール

スタッフによるアクセス確認で待ちが発生するシーンを顔認証に変更する事で、管理スタッフの削減と顧客(特にVIP待遇)の満足度を向上。

出欠管理

毎回マニュアル管理の出席確認を顔認証に変更する事で、出席状況を手間なく正しく把握し、統計化も用意にする。不正対策にも貢献。

上記のほかにも、サーマルカメラと連動した温度管理との組み合わせによる感染症対策、既存システムとの連動による認証への使用など、様々な場面で活躍します。

弊社では、カメラの選定から顔認証と既存システム連携、更には開閉するゲートへの連携までも含めてEnd to Endでの対応が可能です。まずは試用をご検討の方も、顔認証を使用した抜本的なコスト削減プランを立案する必要がある方も、以下フォームからお気軽にご連絡ください。

製品仕様

基本仕様 電源
主な機能 顔検知・認証、登録済み人物照合・通知、顔属性検知、全身 属性検知、履歴保存・参照 電源入力 DCまたはPoE
顔属性検知 年齢、性別、ひげ、マスク、メガネ・サングラス、帽子 DC電源入力 DC12V 3.3A
全身属性検知 向き、年齢(大人or子供)、帽子、髪(色、⾧さ)、トップス(タイプ 色、柄)、ボトムス(タイプ、色、柄)、靴(タイプ、色)、マスク、傘、 バッグ、歩行者状態(正常通行、喫煙、携帯) PoE電源入力 PSE Class 4
顔認識精度 99%以上 (映像品質が十分な時) 消費電力 最大15W
誤検知率 1%以下 (映像品質が十分な時) 動作環境
顔登録件数 30万人 動作温度 -10℃~50℃
検知履歴保存件数 30万件 動作湿度 5%~95%、非結露
顔検知速度 最大16人/秒 設置場所 通気が良い場所で水平に設置
処理性能 機械仕様
CPU ARM 本体サイズ 169mm x 103.5mm x  33.8mm
GPU Edge Computing GPU 本体重量 0.85kg
メモリ 8GB DDR4 筐体材質 アルミ
ストレージ 64GB eMMC (4GB for Capture Image Storage)