イメージ通りの映像を撮ろう「AXIS レンズカリキュレーター」のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AXIS —

ネットワークカメラを設置して、イメージ通りの映像を撮影したいですよね。
そんな時のお勧めサイトが「AXIS レンズカリキュレーター」で、AXIS製ネットワークカメラが、どのように撮影しているかを確認することができます。

AXIS レンズカリキュレーターの使い方

①AXISカメラの型番、使用するレンズ、解像度を選びます。
※Corridor formatは縦長映像(横縦比が9:16、もしくは3:4)を撮影する際に選択が必要になります。

AXIS レンズカリキュレーター

②次に条件を設定します。

設定項目

  • Distance(m):撮影対象までの距離(m)
  • Pixel density(px/m):1m当たりのピクセル数(高ければ高いほど綺麗に映像が映ります。)
  • Scene width(m):撮影範囲の横幅(m)
  • Scene height(m):撮影範囲の縦幅(m)
  • Focal length(mm):焦点距離(mm)
    ※フォーカルの調整はフォーカルレンズに対応したカメラのみ調整可能です。

③条件設定を変更していくと、設定値に合わせて右下の人の画像が変化していきます。
これで、事前に撮影画像を確認することが可能です。

レンズカリキュレーターで条件設定を変更していくと、設定値に合わせて右下の人の画像が変化していきます。

皆さんもぜひ使ってみてください。

・AXIS レンズカリキュレーター
https://www.axis.com/ja-jp/tools/lens-calculator

他にもAXISには便利なツールがたくさんあります。ぜひご活用ください!

関連記事

・カメラの撮影範囲や録画容量が一発でわかる! AXIS Site Designer2のご紹介の記事