ネットワークカメラとIP監視カメラシステムの総合サイト

お問い合わせ

上方を監視するカメラについて。おすすめの使い方をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎知識 —

こんにちは!システム・ケイ昭和生まれのヨッシーです。

監視カメラというと、高いところから見下ろしているイメージがありますが、
上方を監視する使い方もあります。

今回は、上方を監視するカメラとはどのようなものか、
どのようなシーンで使用するのがおすすめなのかをご紹介します。

 

上方を監視するカメラってどんなカメラ?

本体が稼働するPTZカメラ

上下左右にカメラの向きを変更できズームもできるPTZカメラですが、上方を監視するカメラはカメラ本体が可動します。(ドーム型PTZカメラはケース内のレンズが可動します)

雨滴除去

雨滴除去用にワイパーを搭載しています。カメラ本体が細かく振動して雨を除去するものもあります。

ポールの先端に取り付ける

カメラをポールに取り付ける場合、通常はポールの途中に取り付けますが、上方を監視するカメラはポールの先端に取り付けます。そのため映像にポールが映りません。また、ポールが揺れることを想定し、映像揺れ補正機能があります。

 

こんなシーンにおすすめ!上方を監視するカメラの使用例

上方監視カメラの使用おすすめシーン

レンズが上を向くということで、高い建造物の監視に向いています。
例えば、橋梁の監視やドーム施設の監視。
火山活動を麓から監視することもできます。

風力発電で使用する場合

例えば、風力発電用の風車の監視です。

風車は落雷や強風により破損する事故が発生しています。そのため、事故や点検、運転状況の確認のため、ネットワークカメラで遠隔監視している場合があります。

風車の大きさは、大きいものですと支柱の高さが70mになります。
撮影対象は大きいですが、支柱の傷など映像を拡大して見る事があるため、カメラの向きやズーム率が操作可能なPTZカメラを導入しているケースがあります。

通常のドーム型PTZカメラは、水平から下方を撮影する前提で設計されているため、風車の監視には向いていません。

上方を監視するカメラで風車の監視がこんなに便利に!

  • 風車の運転状況確認。
  • 強風により稼働停止した風車を再稼働前に遠隔地から点検する。
  • 風車への落雷を監視する。
  • バードストライクを監視する。

 

上方をしっかり監視。おすすめ監視カメラのご紹介!

そこでご紹介するのが、AXIS Q8685-EPanasonic WV-SUD638です。


AXIS Q8685-E

SUD638 画像1
Panasonic WV-SUD638

どちらのカメラもカメラ本体が向きを変えることでドーム型PTZカメラにはできない上方を撮影することができます。また、ポールの先端に取り付けるため映像にポールが映りません。上を向いているということで雨が心配ですが、どちらもワイパーが付いているため、雨滴・埃・汚れを除去できます。

上方を監視するということでは、ドローンの侵入監視という使い方もあります。風車に限らず上方を向きやズーム率を変えて閲覧したい場合ご検討ください。

 

まとめ

上方を監視する例として風車の監視をご紹介しましたが、ご案内したカメラは下向きの撮影も可能です。ポールの先端に取り付けることで、360°どの方向でもポールが邪魔になりません。広い敷地の真ん中にポールを立てて360°監視することも可能です。是非ご検討下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お問い合わせはこちら