「マーケティング 」 インターネットカメラシステム 導入事例 

  1. 有料道路・駐車場等各種料金所 導入効果分類:防犯、遠隔監視、マーケティング
    具体的な導入効果:
    料金所を通過した車両(センサーにて感知)を録画および利用台数の把握 手配車両等の通過時刻の把握や、料金未払いの証拠映像として利用可能
    カメラ台数:Mobotix製カメラ×2台/ゲート
    アピールポイント:
    車両を前後から撮影、動かぬ証拠を記録。
  2. コンビニエンスストア 導入効果分類:防犯、遠隔監視、マーケティング
    具体的な導入効果:
    センサー反応グラフなどにより時間帯別に来客数の把握が可能
    ビデオサーバ:
    既設CCDの映像を入力
    カメラ台数:店内×2
    保存なし
    アピールポイント:
    防犯対策に加え、内部犯行に対する抑止効果
  3. 飲食チェーン店(フランチャイズ) 導入効果分類:防犯、遠隔監視、マーケティング
    具体的な導入効果:
    従業員の勤務態度確認、無銭飲食の抑止、フランチャイズを検討しているオーナへ店舗の様子をデモンストレーション可能、 データでは見えてこなかった時間帯ごと来客数がリアルタイムに把握可能と売上向上の判断材料として活用
    カメラ:フロア、厨房 センサー :パッシブセンサー
    保存設定:営業中5分に1回の定期保存、閉店後センサー保存
    アピールポイント:
    防犯対策に加え、内部犯行に対する抑止効果、従業員の勤怠状況確認が可能
  4. ホームセンター 導入効果分類:防犯、マーケティング
    具体的な導入効果:
    盗難の抑止 店舗の状況をモニタリング(従業員勤務状況、ユーザー混雑状況、商品管理)
    カメラ台数:店内×3台
    :社員通用口×1台
    センサー:屋外用パッシブセンサー
    センサー反応時前2秒後5秒の計10秒間保存
    アピールポイント:
    防犯対策に加え、内部犯行に対する抑止効果、従業員の勤怠状況確認が可能
  5. コインランドリー 導入効果分類:防犯、遠隔監視、マーケティング
    具体的な導入効果:
    ・防犯 インターネットカメラシステム導入後、両替機へのいたずらが激減
    ・カメラを公開することで、空き状況の確認が可能
    カメラ台数:両替機付近×1台 センサー:マグネットセンサー(両替機の開閉に連動)
    センサー反応時前2秒後5秒の計10秒間保存
    アピールポイント:
    カメラ設置による犯罪抑止効果、カメラの公開により利用者の利便性向上
  6. 展示場出展ブース 導入効果分類:防犯対策、マーケティング(エリア別の集客状況の分析)
    具体的な導入効果:
    ・混雑時の防犯対策としてインターネットカメラシステムでの録画及びモニタリング
    ・AIRAシステムにて来客数のカウンティング及びオブジェクトカウントピクチャー機能にて集客状況の分析
    カメラ台数(ICS):AXIS211M×5台
    カメラ台数(AIRA):ACM-5600×4台
    秒5コマでのベタ録画(イベント開催中3日間)
    アピールポイント:
    ICSで効率良く録画を行い防犯対策+AIRAシステムでの集客状況の分析