Axisアプリケーション開発パートナー (ADP)のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AXIS —

Axisカメラと連携するアプリケーション開発のためのSDK/APIが入手できる、開発者向けのアプリケーション開発パートナー (ADP)制度をご紹介させていただきます。
この制度に登録すると開発に有益な情報が開示されます。

Axisアプリケーション開発パートナー (ADP)の特徴

・200機種を超えるAxisカメラは共通のAPI/SDKで制御することができます。
・新ファームウェアの早期リリース
パートナー登録を行うと、新しいファームウェアのベータ版の提供受けることができます。これにより、作成したアプリケーションが新しいファームウェアで問題が発生しない事前検証を行うことができます。
・カメラ制御用API(VAPIX)へのアクセス
VAPIXを使用することで、Axisカメラの設定を取得・変更、ライブストリームへアクセスするためのHTTPベースのAPIを確認することができます。
・Windows用のサンプルプログラム(C#)
全球画像のデワープ、JoystickによるPTZカメラの制御、ライブ表示用OCX(Axis MedeiaControllSDK)などのC#サンプルプログラムがダウンロード可能です。
・カメラ組み込みソフトウェア(ACAP)(Linux/C++)
カメラ本体に独自プログラムをインストール、実行可能な、ACAP(AXIS Camera Application Platform (ACAP))プログラムを開発可能なSDKがダウンロード可能です。
・開発支援サポート
製品仕様、技術仕様に関して、ADPサポートに相談することができます。

アプリケーション開発パートナー (ADP) プログラム

https://www.axis.com/ja-jp/partners/adp-partner-program

ぜひ、自社アプリケーションと連動するIPカメラが欲しいとお考えの開発者はご登録ください。AxisはIPカメラ専業メーカで豊富なカメラ機種がありますので、開発したソフトウェアは末永く使用できることができます。
詳細はAxis社のページにてご確認、申し込みをお願いいたします。