AXIS P8815-2 3D ピープルカウンター

完全で洗練された3D人数計測

ミドルモデル

※2024年05月20日時点の情報です。
仕様などの情報は、予告なく変更される場合があります。

AXIS P8815-2 3D ピープルカウンター
AXIS P8815-2 3D ピープルカウンター
AXIS P8815-2 3D ピープルカウンター

概要

  • 3D人数計測
  • 統合されたソフトウェアとハードウェア
  • 厳しい条件に最適化
  • 混雑レベルの推定
  • 訪問者の動向に関する洞察を得る

特長

AXIS P8815-2 3D People Counterは、立体画像と3D分析機能を組み合わせて、厳しい条件下でも信頼できる人数計測を行います。 訪問者の動向に関する洞察を得て、ビジネス運営を最適化するのに役立つ貴重な情報を提供します。

統合されたソフトウェアとハードウェア

AXIS P8815-2 3D People Counterは、装置1台で3D人数計測ソフトウェアと専用ハードウェアを備えています。 また、事前にキャリブレーションされて納品されるため、設定が簡単になります。 屋内の天井に取り付けるように設計されているこの目立たない装置は、環境に溶け込むように塗り直すことができる白または黒のアルミニウムケースに入っています。 オプションのアクセサリーを使用すると、吊り下げたり天井に埋め込んだりして設置できます。 AXIS P8815-2 3D People Counterを2台接続して、広い入口をカバーすることもできます。

厳しい条件に最適化

AXIS P8815-2 3D People Counterは、2つのセンサーから提供される画像を使用して、事前定義されたエリアを通過する人々をリアルタイムでカウントするための3D深度マップを生成します。 3D画像処理により、本カウンターは移動する物体のサイズと高さを判定できるため、高い物体 (人) を小さい物体と区別できます。 つまり、カート、ベビーカー、影などをカウントしません。 AXIS P8815-2 3D People Counterは、影、強い日光、まぶしさ、または大勢の人の往来があるなど、環境にやや難がある条件での人数計測に最適です。 回転ドアや一般的ではない入り口があるエリアで特に便利です。 この人数計測は、反対方向に通過する人々の同時カウントをサポートします。 さらに、ユーザーインターフェースにより、特定の入り口に合わせて計測エリアを柔軟に定義できます。

厳しい条件に最適化

貴重な洞察を得る

AXIS P8815-2 3D People Counterは、エリア内の入口や戦略的な場所に設置して、エリア内の人の流れを把握するのに役立てることができます。 その後、このデータをビジネス運営の最適化に役立てることができます。 訪問者のピーク時間を特定し、スタッフを最適に割り当て、サイトのパフォーマンスを評価するのに役立ちます。 また、本カウンターはリアルタイムで混雑レベルを推定して、お客様の敷地内またはdata特定のエリアに存在する人々の数に関するデータを提供することもできます。 この洞察は、訪問者の流れと混雑状況の傾向を把握するのに役立ちます。これにより、スペースの使用状況を改善し、収益機会の指標を取得し、従業員の配置計画と営業時間を最適化し、混雑状況が設定したしきい値を超えた場合に措置を講じることができます。 また、訪問する可能性がある人に、訪問者のピーク時間や施設が満員になる時間を知らせることもできます。

貴重な洞察を得る

さらに、本カウンターは共連れや方向を検知したり、設定された時間間隔内に複数の人が入った場合や人が間違った方向に移動した場合に通知したりすることができます。 また、これらのイベントに自動的に応答するように設定できます。 たとえば、音声メッセージを再生したり、アラームを作動させたり、入口ドアを閉めたりします。 AXIS P8815-2 3D People Counterからの計測データは、AXIS Store Reporter (別売り) またはサードパーティのデータベースやサービスに簡単に送信できます。

匿名データ 低帯域幅

AXIS P8815-2 3D People Counterは、統計的な数値データのみをキャプチャして保存し、個人データとプライバシーを保護します。 本カウンターによってトリガーされたイベントは保存されないため、キャプチャされた情報を使用して人物を特定することはできません。 すべての情報は設置されたカウンターに直接保存されるため、帯域幅とストレージ要件が削減されます。 オープンAPIに基づいているため、データはサードパーティアプリケーションに簡単に統合できます。

データには、以下に示す複数の方法でアクセスできます。

標準のWebブラウザーを使用して、カメラのWebインターフェースにアクセスする。
静的な未加工データをリモートの宛先に送信する。
カメラのオープンAPIを通じて、さまざまな形式で入手可能な静的な未加工データをダウンロードする。
当社の統計的なWebベースのサービス、AXIS Store Reporterを使用する。 複数のサイトに複数のカメラを設置する環境での使用に最適です。

設定が簡単

【設置が容易】

【素早い構成】

AXIS(アクシス)お問い合わせ

お問い合わせ