既設アナログカメラの更なる利活用を可能に
~ビデオエンコーダー~

  •                            
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち —

既設アナログカメラの更なる利活用を可能に~ビデオエンコーダー~

本日はビデオエンコーダーをご案内します。
ビデオエンコーダーとは、アナログカメラシステムの映像や音声をIPカメラシステムの映像や音声に変換する装置です。

既存のカメラやケーブル配線をすべて維持しながら、IP監視の世界に移行することができるため、過去の投資が無駄になりません。
IP監視の世界に移行すると何が良いのでしょうか。

インテリジェントアプリケーション

動体検知、いたずら警告、イベント管理、統合音声サポートなど、多数の高度機能を有効化することができます。

リモートPTZコントロール

コンピューターのマウスやジョイスティックを使用して、アナログPTZカメラを制御できます。

AI画像認識の構築

ビデオエンコーダーで変換した映像を利用することで、アナログ機器で顔認証等のAI画像認識が構築できます。

抑止力として設置していた監視カメラを、映像として利活用する事で、人手やコストを削減できるかもしれません。また、より防犯や監視としての能力を高められる可能性もあります。

ビデオエンコーダーはこちらでご案内しております。
また、もう少しエンコードについて理解を深めたい方は、こちらの記事もご参照ください。
エンコードとは?動画を扱うなら知っておきたいエンコードの基本について。

機器の選定、映像の活用でお困りやお悩みがありましたら、以下のフォームよりお気軽にご相談ください。