電話番号:011-704-4321 受付時間:平日9:00-18:00

ネットワークカメラとIP監視カメラシステムの総合サイト

お問い合わせ

監視カメラの感度はデジカメの感度とは違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎知識 —

こんにちは!ネットワークカメラとIP監視カメラシステムのシステム・ケイです。

デジタルカメラで撮影した画像の明るさを決めるのは、
「絞り」以外にも「ISO感度」という要素があります。

あれ?デジタルカメラと監視カメラにおける「感度」は同じなのでしょうか?

今回は「デジタルカメラの感度」「監視カメラの感度」それぞれの概要と違いについて説明します。

 

デジタルカメラにおける感度とは?「ISO感度」って何?

デジタルカメラでの撮影時に画像の明るさを決める要素として、以前「絞り」についてお話をしました。
【ブログ記事】レンズとアイリスの関係とは?

デジタルカメラで画像の明るさに対しては、
さらに「ISO感度」という要素が存在します。

一般的には「イソ感度」と呼ばれることが多く、
人によっては「アイソ感度」と呼ぶ人もいますがどちらでも問題ありません。

ISO感度とは、カメラの光に対する処理能力を表す値です。
ISO200、ISO400、ISO800などと記されます。

デジタルカメラでの撮影とは、レンズから取り込んだ光を撮像素子でデジタル画像データに変換します。
ISO感度を上げるとデータ変換処理能力が増幅し、
半分の光で同じ明るさの画像を撮影することができるのです。

また、処理能力が上がることから、絞り値(F値)は同じままISO感度を2倍にすると、
2倍速いシャッタースピードで撮影することができます。

暗い場所での撮影はシャッタースピードが遅くなり、写真のブレの原因となっていました。
ISO感度を上げることで、暗い場所でもシャッタースピードを速くし、
写真のブレを抑えることができるのです。

ただし、ISO感度を上げすぎると変換処理能力が大幅に増幅するため、
「高感度ノイズ」というノイズが発生しやすくなります。

カメラの性能によってノイズが出る量などは異なりますが、
ノイズが発生すると画像にザラつきや、赤、緑、青などのカラーノイズが発生するので、
ISO感度を上げて撮影する時は注意しましょう。

 

監視カメラにおける感度は「照度」が関係

監視カメラにおける感度にもISO感度が影響するのでしょうか?

いいえ、監視カメラでの感度についてはISO感度ではなく、「照度」が関係します。

照度とは人間の目で感じる明るさの単位です。(Lux:ルクス)
照度の数字が大きいほど明るく、小さいほど暗くなり、
監視カメラにおける「高感度」とは、
撮影可能な「最低照度(最低被写体照度)」の値が小さなカメラの事を言います。

監視カメラの最低照度の値が小さければ小さいほど感度が高く、
暗い場所でも少ない明かりでより鮮明に撮影することができるのです。

監視カメラと照度の関係性についてはこちらの記事でも詳しくご説明しています。
【ブログ】最低照度(最低被写体照度)とは?カメラと照度の関係性を知りましょう!

一般的に高感度カメラと言われる製品の最低照度は1Lux未満(0.1~0.02lux)、
超高感度カメラは~0.00001Luxととても低い設定となっています。

公益社団法人 日本防犯設備協会の優良防犯機器認定基準(RBSS)では、
最低被写体照度が0.5Lux以下であることを高度機能の基準としています。

0.5Luxと言うのは、満月の月明かりレベルの明るさです。
高感度の監視カメラは、夜間、街灯のない場所でも満月の月明りを光源として
撮影が可能な感度を持っているのです。

 

高感度の監視カメラはこんな監視をする時におすすめ!

高感度カメラ、超高感度カメラはわずかな光を光源として鮮明なカラー撮影が可能なため、
夜間や室内の暗い場所での監視におすすめです。

  • マンションのエントランス
  • 工事現場や駐車場の夜間監視
  • 港湾、河川などの災害監視
  • 天体観測

 
注意したいのは、最低照度がとても低く設定されている超高感度カメラだとしても、
完全な暗闇の中での撮影はできないということ。
完全な暗闇の中で映像を撮影したいのであれば、
超高感度カメラではなく赤外線カメラを設置するようにしましょう。

また、こちらもISO感度と同様に、
光源が少なければ少ないほど光を増幅する際にノイズが出やすく粗い画質になるため注意が必要です。

高感度カメラでの夜間監視や、
赤外線防犯カメラについてはこちらの記事でも詳しくご説明しています。
【ブログ記事】防犯カメラを夜間向けに設置するなら知っておきたいポイント

 

まとめ

  • 「ISO感度」とは、デジタルカメラの光に対する処理能力の値。ISO感度が高ければ、少ない光でも明るい写真を撮ることができる。
  • 監視カメラでの感度の高さについては「最低照度」の値が関係している。最低照度の値が小さければ小さいほど、
    暗い場所でも少ない明かりで鮮明な映像を録画することが可能。
  • 高感度の監視カメラはわずかな光でもカラー撮影をすることができるので、夜間や室内の暗い場所での監視、海や川での災害監視、天体観測などにも活用される。全くの暗闇では撮影できないため注意が必要。

メルマガ登録はこちら

月に1度ほどお得な情報、お役立ち情報をお届けします。ぜひご登録ください!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

個人情報の取扱いについて