電話番号:011-704-4321 受付時間:平日9:00-18:00

ネットワークカメラとIP監視カメラシステムの総合サイト

お問い合わせ

ハイパワーデバイス対応PoE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎知識 —

こんにちは!
システム・ケイ昭和生まれのヨッシーです。

PoEは2つの標準規格「IEEE802.3af(15.4W)」と「IEEE802.3at(30.0W)」があるとPoEシリーズその3でお話しましたが、標準規格以外のハイパワーデバイスに対応したPoEについて説明します。

UPoE,PoHおよびLTPoE++という3規格があり、まだ標準規格化されていません(IEEE802.3btという名称で規格化中)。

どの規格もハイパワーデバイスへの給電に対応したことが特長で、消費電力が大きい機器へLANケーブル経由で電力供給ができます。順に説明します。

 

UPoE(Universal Power Over Ethernet、PoE++)

シスコシステムズが開発したPoE技術です。下位互換があるため、IEEE802.3af/atとしても利用できます。LANケーブルの8本のピン(4ペア)すべてを使って給電します。現時点ではシスコシステムズの独自規格です。最大60Wの電力供給が可能です。

 

PoH(Power over HDBaseT)

95Wまで電力を供給できます。下位互換性があり、IEEE802.3af/atおよびシスコシステムズのUPoEとしても利用できます。
LANケーブルの8本のピン(4ペア)すべてを使って給電します。

 

LTPoE++(Linear Technology Power Over Ethernet++)

リニアテクノロジーが開発したPoE技術です。IEEE802.3af/at の下位互換性の他、43W,63W,89W,125Wの4グレードの電力供給が可能です。

 

機能比較

各規格の比較表です。

規格名 最大給電電力 最大受電電力 対応LANケーブル ツイストペア数 備考
IEEE802.3af 15.4W 12.95W カテゴリ3以上 2 PoE
IEEE802.3at 30.0W 25.5W カテゴリ5e以上 2 PoE+
UPoE 60.0W 51.0W カテゴリ5e以上 4 PoE++
PoH 95.0W 74.0W カテゴリ5e以上 4  
LTPoE++ 43.0W 38.7W カテゴリ5e以上 2  
63.0W 52.7W 2  
89.0W 70.0W 4  
125.0W 90.0W 4  

 

まとめ

  • ハイパワーデバイスに対応したPoE規格は、UPoE,PoH,LTPoE++の3つあります。
  • ハイパワーデバイスに対応したPoE規格は、IEEE802.3btという名称で規格化が進められています。
  • どの規格もIEEE802.3afおよびIEEE802.3at規格との下位互換性があります。

 

PoE関連記事はこちら

▼PoEとはなにか?PoEの簡単な仕組みのお話し。
▼PoEハブとカメラの選び方での注意点知ってますか?
▼PoEパススルーと給電方式

メルマガ登録はこちら

月に1度ほどお得な情報、お役立ち情報をお届けします。ぜひご登録ください!(過去のメルマガを見る)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

個人情報の取扱いについて