PoEハブとカメラの選び方での注意点知ってますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎知識 —

こんにちは!
ネットワークカメラとIP監視カメラシステムのシステム・ケイです。

今回はこのPoEハブ(給電機器)とネットワークカメラ(受電機器)
の選定で気をつける点についてお話をしていきます。

弊社のNVR(ネットワークビデオレコーダー)サイトで、
PoEとはなにか?というお話をしているので、
よければこちらもご覧ください。

↓ ↓ ↓

———————————————

・【Vol.1】PoEとはなにか?PoEの簡単な仕組みのお話し。
https://systemk-camera.jp/camera-blog/knowledge/what-poe-vol01.php

・【Vol.2】PoEの給電(PSE)・受電(PD)機器とLANケーブルについて
https://systemk-camera.jp/camera-blog/knowledge/what-poe-vol02.php

・【Vol.3】PoEの2つの標準規格と電圧・電力クラスのお話し。
https://systemk-camera.jp/camera-blog/knowledge/what-poe-vol03.php

———————————————-

PoEハブのPoE給電ポート数を確認しよう。

 

PoEハブのPoE給電ポート数を確認しよう。 注意度★☆☆

PoEハブの給電ポート数とは、差し込み口の数のことを指します。
PoEハブには、すべてのポートがPoE給電できるものとそうでないものがあります。
後者の場合、1つのハブに8ポートあっても、
PoE給電できるポートは4つ、残りの4つはルーターやパソコンなどを接続するポートの場合があります。

PoE対応の機器をつなぐ際は、接続するカメラ台数分の給電可能ポートがあるか確認しましょう。

 

ネットワークカメラの最大消費電力を確認しよう。 注意度★☆☆

次にネットワークカメラの最大消費電力を見てください。
ネットーワークカメラは、カメラによって必要な電力量が異なります。
カメラに必要な電力が供給出来ないと稼働しません。

ネットワークカメラの最大消費電力と、PoEハブの1ポートの給電可能能力を確認し、
PoEハブの1ポートの給電可能能力 >= ネットワークカメラの最大消費電力
となるよう機器を選定します。

PoEの規格は、電力量が異なるPoEとPoE+という規格があり、
ネットワークカメラの最大消費電力が15.4Wを超える場合は、PoE+に対応したPoEハブを選定する必要があります。
屋外のPTZカメラは特に消費電力が大きいことが多いため、注意してください。

PoE :IEEE802.3af:1ポート当たりの電源供給の上限が15.4W
PoE+:IEEE802.3at:1ポート当たりの電源供給の上限が30W

 

PoEハブの給電表示は合計の電力を見よう! 注意度★★★

普段の生活でも、電力を使いすぎてブレーカーが落ちることありますよね?
PoEハブにも給電できる電力の限度というものがあります。

ここで間違ってしまう時があります。

それは、PoEハブの給電能力が、1ポートの給電可能能力 × ポート数と思ってしまうことです。

1ポートの給電能力が「15.4W」の場合、8ポートでは、
普通に考えると、15.4W(1ポート当たりの電力)×8ポート=合計123.2W(給電)できるはず。



ですが、ここで終わってはいけません。

次に、PoEハブ仕様の最大供給電力を見ます。
PoE最大供給電力を見ると、123.2Wよりも小さい値になっています。

そうなんです!
PoEハブの最大供給電力 = 1ポートの給電可能電力×ポート数ではないのです。

そのため、
PoEハブの合計の給電と、
対象の受電機器がすべてつなげるか調べる必要がある
のです。

それではいくつかの例をもとに、選定していきます。

 

PoEドームカメラ(最大消費電力3W)×4 台の場合

PoEドームカメラ 3W × 4台 = 12W
→ PoEハブ(8ポートのうち4ポートPoE、1ポート15.4W、給電能力50W)の電力は足りるか?

・1ポート 15.4W:3Wより大きいのでOK
・給電能力 50W:12Wより大きいのでOK

→ どちらも条件を満たしているのでOK!

PoEドームカメラ(最大消費電力12W)× 5台の場合

PoEドームカメラ 12W × 5台 = 60W
→ PoEハブ(8ポートのうち8ポートPoE、1ポート15.4W、給電能力50W)の電力は足りるか?

・1ポート15.4W:12Wより大きいのでOK
・給電能力 50W:60Wより小さいのでNG

PoEドームカメラ 12W × 5台 = 60W
→ PoEハブ(16ポートのうち8ポートPoE、1ポート15.4W、給電能力80W)の電力は足りるか?

・1ポート15.4W:12Wより大きいのでOK
・給電能力 80W:60Wより大きいのでOK

 

「PoEハブとカメラを選ぶ時はここを見よう!PoEとカメラの注意点」のまとめ

今回のお話しで押さえておきたいのは


・PoEハブには、すべてのポートがPoE給電できるものとそうでないものがある。
・PoEハブと繋ぎたい機器のポートが足りるか確認する。
・PoEハブの1ポートの給電能力がネットワークカメラの最大消費電力より大きいかを確認する。
・PoEハブの給電電力が、接続するカメラ全ての最大消費電力の合計よりも大きいかを確認する。

という点です。

PoEハブの取り扱いもしております!


AP-FIC-010A-015屋内用PoEインジェクタオープン価格

AW-FET-050A-065
アンマネージドPoEスイッチ
PoE4ポート
オープン価格

AW-FET-080A-120
アンマネージドPoEスイッチ
PoE8ポート
オープン価格

SH016
16ポートスイッチングハブオープン価格

PS-918F
世界最小超小型
8ポートスイッチングハブ
参考価格
49,800円(税抜き)

PS-408
世界最小超小型
4ポートスイッチングハブ
参考価格
29,800円(税抜き)

システムケイ取り扱いネットワークカメラ メーカー一覧
(https://systemk-camera.jp/camera/lineup/)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 
▼関連するリンク▼
■ハイパワーデバイス対応PoE
■PoEパススルーと給電方式