電話番号:011-704-4321 受付時間:平日9:00-18:00

ネットワークカメラとIP監視カメラシステムの総合サイト

お問い合わせ

魚眼レンズと広角レンズの違いは?オススメ撮影シーンをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎知識 —

こんにちは!
ネットワークカメラとIP監視カメラシステムのシステム・ケイです。
 
インパクトのある写真が撮れる「魚眼レンズ」
実は魚眼レンズは、広い範囲を撮影することのできる超広角レンズの一つなんです。
 
今回は魚眼レンズの基礎知識。
 
魚眼レンズとはどんなレンズ?
一般的な広角レンズとはどう違う?
どのようなシーンでの撮影に向いているかなどをご紹介します。
 

魚眼レンズの画像

 

魚眼レンズとは?

魚眼レンズとは焦点距離*が短く、約180度もの広い範囲を撮影することができるレンズです。
 
魚が水中から空を見上げた時に、水の屈折で空がゆがんで見えるというその見え方がレンズの名前の由来になっています。
 
約180度もの広い範囲を一枚の写真に収めるため、写真の中心から離れるほどに映像がゆがみ、それがインパクトと味のある画像になります。
 
画面の中心は真っすぐに写りますが、中心から離れるほどに外側に向かって線が歪み、「樽型収差」と言われる歪曲が現れます。
 
また、焦点距離がとても短いために遠近感が極端に誇張され、画面の真ん中の被写体がとても大きく写り、迫力のある写真を撮ることができます。
 
普通のレンズでは撮影することのできない、独特な味のある不思議な世界を目にすることができます。

 
*焦点距離と画角についてはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。
カメラのレンズに関係する「画角」と「焦点距離」って何?

 

魚眼レンズの種類

魚眼レンズには2種類のレンズがあり、撮影のされる画像にも違いが出ます。

 

対角魚眼

一般的に使われている魚眼レンズです。
写真の対角線上のものが約180度の画角で写ります。
画面全体が楕円に歪んだように写るのが特徴です。

 

円周魚眼

円形に切り取られた様に丸い写真が写り、円の周りは黒くなるのが大きな特徴です。
レンズの前にあるもの全てが180度の画角でその円の中に収まります。
元々は気象観測用のレンズで、真上を向けて撮影することでワンショットで180度画角の空を撮影するためのものでした。

 

魚眼レンズと広角レンズの違いは?

魚眼レンズは広い範囲を撮影できるという意味では、超広角レンズの一種でもあります。
画角の広さを比較すると、魚眼レンズ>超広角レンズ>広角レンズ となります。
 
焦点距離で言うと、広角レンズはセンサーサイズがフルサイズの場合、35mm換算でだいたい焦点距離35mm以下のレンズを指します。
超広角レンズは焦点距離が24mm以下になるレンズです。
 
では魚眼レンズと広角レンズでは撮影可能範囲や焦点距離以外に何が違うのでしょうか。
 
広い範囲を撮影するとどうしても画面の外側に向かうにつれて歪み(歪曲収差)が出てきてしまいます。
 
レンズの内部に形や大きさの異なるたくさんのレンズを使ってこの歪みをできるだけ修正して真っすぐに写すのが広角レンズです。
ただし、歪みを修正していくと写真の端に写るものはどうしても同じ大きさに調整しきれず、端の方が少し大きく写ります。

 
一方、その歪みの修正をしないことでたくさんの情報を写すのが魚眼レンズです。
歪みがそのまま写り、特に画面の外側に向かうにつれて歪みが大きくなります。
遠近感も強調されるので、一般的な広角レンズと比べても画面中央の被写体が大きく、周囲が小さく写ります。

 

魚眼レンズと広角レンズではこんな写真が撮れる!

魚眼レンズや広角レンズはただ広い範囲が取れるだけではありません!
 
構図や被写体次第で実に様々な表情の写真が撮れます。
 
【魚眼レンズ】
■奥行きや高さをより一層強調する

奥行きや高さが一層強調された臨場感のある写真が撮影できます。

 
焦点距離が短いため遠近感が強調されます。
奥行きや高さが一層強調された臨場感のある写真が撮影できます。

 
■大きな歪みで空や天井が丸く写る

 

範囲をとればとるほど歪みが大きくなり、空や天井が丸く写ります。

 
範囲をとればとるほど歪みが大きくなり、空や天井が丸く写ります。
これは一般的なカメラでは撮影することのできない風景です。
特に高さのある被写体や天井は魚眼レンズとの相性がばっちりです。

 
■写真の中心部を極端に大きく写すことでインパクトのある写真に

思いっきり被写体に近づいて撮影することでこんな写真も

 
あえて思いっきり被写体に近づいて撮影することでこんな写真も。
中心に写る被写体が極端に大きく写りインパクト抜群の味のある構図となります。

 
【広角レンズ】
■広大な風景や夜景など広がりのある写真
■奥行きのある場所や建造物など遠近感を強調した動きのある写真
■高層ビルから見下ろした街並みなど広く撮りつつ全体にピントを合わせた写真

 
広角レンズの特徴や広角レンズの撮影に向いているシーンなどについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。
広く撮れるだけじゃない!広角レンズの特徴とは?

 

まとめ

  • 魚眼レンズとは焦点距離が近く約180度もの広い範囲を撮影できるレンズです。魚が水中から空を見上げた時に見える風景に近い形で撮影さることから名付けられています。画面の端に向かって樽型に大きく歪みが出るのが特徴です。
  • 魚眼レンズは広い範囲を撮影できるという意味では超広角レンズの一種です。一般的な広角レンズで広範囲を撮影する際に必ず発生する歪みをレンズ内部で真っすぐに補正して写しますが、魚眼レンズはその歪みをあえて修正せずにそのまま写します。
  • 魚眼レンズでは被写体や構図次第で様々な表情の写真を撮影することができます。特に空や天井などは180度の風景で円を描くように丸く映し、一般的なカメラでは撮れない不思議な世界を写し出します。

 
▼製品一覧
超広角、広角レンズ一覧
魚眼レンズ一覧

メルマガ登録はこちら

月に1度ほどお得な情報、お役立ち情報をお届けします。ぜひご登録ください!(過去のメルマガを見る)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

個人情報の取扱いについて